2008年03月25日

悲しいとき…

同志からいただいた 良寛和尚の言葉。




『悲しいときは悲しむが良き候

          苦しいときは苦しむが良き候


死ぬるときとても 死ぬるが良き候

          これ苦節を避ける妙法にて候』




良寛はいつでも自然体で、型やぶりだったらしい。

良寛の人となり、生きた道が好きだ。

良寛、70歳。
良寛は、亡くなる前に大恋愛をした。

40歳も歳の離れた弟子、貞心尼との激しい恋…。
出会いから6年、死別するまで二人がのこした相聞歌は
とても清らかで…切ない  美しい世界観。
仏の世界に生きる二人の思想を交えた恋歌は、
悲しいくらい胸にしみる。



悲しさも苦しさも味わいきる…。

私の人生を味わいきろう。これ苦節を避ける妙法にて。



posted by まき at 03:15| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。