2007年09月15日

食べること

「食べる」とは、字の如く人を良くするものです。

人は何を食べても生きていけますが、食べたものは
その人自身と、その人の人生をつくります。


過去に患った原因不明の病気が、私の人生を変えました。
入院せず自然治癒したのですが、長い間ご飯を食べれる
状態ではなかったその時に不思議な経験をしました。
それは、高熱が原因で起こったのだろうと思っていましたが、
数年前に、その時の霊感はどうも断食のせいじゃないか…と気付き
食と霊性についての関わりを調べはじめました。

試行錯誤しながらも、食を正していくうちに「環境」
について関心をもつようになり、自分の行い一つで
変わっていく世界があるのだと、人間一人の持って生まれ
てきた可能性を知ることになりました。
私たちは、今という世の中を選んで生まれてきました。
この時代に生きる私たちの力の可能性は、はかり知れません。

「スピリチュアル」が一種のブームのようになっていますが
スピリチュアルな力は、本来誰でも持っています。
私たちは、色んな知識が飛び交う情報社会の中で自分の心・
魂の声を聞くことを忘れてしまいました。
物質にばかり囚われ、社会的概念でもの事を考えるように
なってしまった。
自然を資源としてきた、便利な生活とテクノロジーの
代償として、失ってはいけない「霊感」を無くしました。

もともとは、茶道や食事は祖先の霊や神と繋がるためのもの
だったそうです。「食べる」という事の意味を、私たちは
また見つめ直す時にきていると思います。

人間のエゴで、生を受け殺されている動物たちの事を考えた
ことがありますか?どんな状態で屠殺されるか…知っていますか?
自然が今、どうなっているのか…。地球がどう変わってきている
のか「知らなかった」では、あまりにも悲しすぎます。
無関心の心は、何も生みません。破壊に携わっているような
ものです。

ほんの少しでいいから、自然や地球の声をきいてください。
そこで感じたことを、形にしていきましょう。




posted by まき at 21:55| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。