2007年10月03日

やさしくなりたい

先月知人の勉強会で、大石順教という尼さんの話を聴きました。
16歳のときに、狂った義父が同じ屋根に住む人々を次々と殺し
順教は生き延びたものの、両腕を切り落とされた…という話から
はじまり、その後の人生模様は本当に壮絶で「こんな人生がある
ものか…」と本当にショックを受けました。
そして、順教のその壮絶な生き方から特別な勇気をもらい、
私の抱えている悩みなんてちっぽけすぎて情けなくもなりました。

私の課題は、無償の愛を学ぶことです。私だけでなく、人は誰
もがこの愛を学ぶために生まれてきているのだと思います。
私は、身近な家族との関係にかなり前から悩んでいて感情を
思いっきりぶつけられたり、怒りの捌け口になるのが本当に
嫌で辛いと感じてきました。その怒りのエネルギーで受ける氣の
ダメージは大きくて、それが溜まって私も爆発してしまう。
その悪循環がとても嫌でした。

ご縁ある方に、それは自身を強くする修練だと言われ、これから
の私には必要な学びなのだと教わりました。
「許すこと」「それを包み込む優しさをもつこと」
怒りを怒りで返し、それを排除するのではなくそのエネルギーを
別のエネルギーに変える事が大切なのだと。
合気道をされている方には、構えて戦うのではなく笑顔で受け止
めた時の力の方が強いこと、禅寺の和尚からも同じように怒りさえ
も抱き込む寛容なこころが大切なのだと教わりました。

強くなろう!!と決心はしても、理不尽な怒りを受けた場合は
自分の感情もかなり乱れますし、本当の優しさとはどのような
ものなのかもまだ理解できていません。
尊敬する方から、思いやりとは「重い槍」なのだと教えていただき
本当にその人のことを思いやった態度で、やさしさを表現できたら
と感じています。今までは、ただ自分が我慢すればいいと思って
きたのですがそれは本当の優しさではない。自分も傷ついて、
相手も成長できずにいるのだと気付きました。

本当の優しさや、無償の愛は言葉で言うのは簡単ですが本当に
難しい。一生かかって学び、死んでからもまた学び繰り返すの
だと思います。


大石順教のことば「怒りは無知で、泣くは修行、笑うは悟り」
この言葉にいつも助けられています。
自分の怒りが爆発しそうになったときに「怒りは無知…」という
言葉が頭をよぎるようになりました。以前は、怒りの感情が強く
出ていましたが今はただ悲しくなり泣くことが多いです(笑)
これを越えたら、笑いという悟りが待っているのでしょうか。

本当のやさしさとは…本当の平和とは何か…
長い間、病と闘い苦しみながら死んでいった父や、それを支えた
母や家族を通し色々な体験をしてきました。一時は、自分の環境
が嫌で嫌で仕方なくて、それが劣等感となり自分自身さえも好き
になれずにいました。
でも、「愛」について考えさせられる場や学びの場を、小さい
ころから与えられていた気がするので愛を学んでいく成長過程に
おいては、私はある意味幸せな人なのかもしれません。
無償の愛の学びの場を、いつでも身近な人に与えてもらえている
のですから…。逃げたり、その環境を壊す行為は簡単です。
ただそれでは成長はできません。

困難なく波もなく、温室のような中で育った環境では見えない
世界がたくさんあるかもしれません。愛に溢れた人間は、
たくさんの痛みを経験していると思いますし、だからこそ本当に
やさしくなれるのだと思います。

全てを包み込む優しさと強さをもった、人間になることが
私の夢です。死ぬまでどの位成長できるか…、愛の学びには
終わりはないですね***







posted by まき at 01:11| 広島 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 霊・こころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
教室で会うまきちゃんからは、想像できないけど、まきちゃんも悩みや苦しみがあるんですね。

私は主人との葛藤でやはり、無償の愛を学ばないといけないみたいです。でも短気な私は既に学ぶことをほり投げていて、臨戦態勢になっているから、だめなんだよ〜とほほ、、

まきちゃんは友達からおむすびの事で、辛いことを言われたみたいだけど、ご主人からは「そんな道楽をせずに、働け」って言われないのかな?
うちは高い自然食品を買うこと自体、反対されてるし〜

まきちゃんのブログを読んだので、又今日から仕切りなおし!
ありがとう。
Posted by もえぴー at 2007年10月03日 22:09
もえぴー☆

そりゃそりゃ悩みも苦しみもありましたよ☆
でも最近は、気持ちの持ち方を変えたので苦しみからやっと解放されたかな***

同じタイプ?の旦那さまなのかしら…。私も、旦那から色々言われましたよ。でも涙ながらも、素直に心の内を話してからは解ってくれたと思う。それと、私の食べる分をおむすびにしているという事で、何も反論できずにいるんじゃないかな(笑)私がかなり楽しそうにしているのを見ているから、反対できないという感じでもある☆以前より、旦那にやさしく接するようになったからか。。。

こんな私のブログでも、お役に立てれて嬉しいです♪ 毎日を楽しみましょう!!

Posted by まき at 2007年10月04日 00:15
『「許すこと」「それを包み込む優しさをもつこと」
 怒りを怒りで返し、それを排除するのではなくそのエネルギーを
 別のエネルギーに変える事が大切なのだと。』
この数年 私の大きな課題かも。
許したいけど 許しきれてなくて
また ちょっとしたきっかけで闇へ落ちていく・・・
みたいな感覚。
きっと この感覚を ちゃんと自分で乗り越えなければ
いつまでも いつまでも この感覚に囚われるのかも。
私も優しい人になりたいな。
Posted by マロン at 2007年10月10日 22:01
マロンさん☆

コメントありがとうございます♪

「許すこと」簡単そうで、すごく難しいですよね…。
でも、今成長して乗り越えないと、どこに行っても
同じ学びが付いてまわってくる気がして。。。
逃げないで、成長しよう!!と思ってから少しは強く
なったかなぁ…。でも人間なので、怒りの感情はでます。
どう転換していくかがテーマですね☆

本当の優しさって、とても奥深くてあたたたかい。
言葉なくしても愛に溢れているものなのかな***
Posted by まき at 2007年10月11日 00:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/58499965

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。