2008年01月03日

かがみ

銅鏡.jpg
【銅鏡】


皆さま、お正月はいかがお過ごしでしょうか。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げますハートたち(複数ハート)


今年の目標は、「かがみ」がキーワードです。
鏡は太陽の象徴ともいわれ、また、神道に伝わる
三種の神器の一つでもあります。
鏡が女性・剣を男性とし陰陽合体を表すそうです。

「かがみ」という言葉の真中の「が」を抜くと「かみ」に。
我を消すことは、神に通じるということ。
私は私は…という自我を強く出すばかりでは、みえない
感じることのできないことがたくさんあります。

他、古語では「かか」=「蛇」・「み」=「眼」or「身」
とし、鏡は蛇をあらわします。
正月の鏡餅も、蛇のとぐろ・銅鏡に見立てた縁起物。
蛇の脱皮は死と再生を表し、永遠の象徴とされてきました。
奈良の三輪山を神とし祀るのも、蛇信仰からきています。


古代人の太陽信仰・蛇信仰が今でも残っていることは確か…。
曇りのない、澄んだ鏡のような心をもった人になりたいものです。

posted by まき at 00:03| 広島 ☀| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今年もよろしくお願いします。

「が」を消すと「かみ」に。
ことばって、すごいですね!

ほんと、お正月に飾るものは、
どれも意味が込められたものなんだよね。
そういうものを、知っていきたいなあ、と思います。
Posted by れいちゃん at 2008年01月03日 13:38
奈良の大神神社の拝殿の手前に巳の杉があり、
白蛇が根っこに棲んでいるとしてお酒や卵と
ともに祭られていました。

古代人の信仰や思想を少しつづ生活の中に
取り入れていけたら素敵だなあと思います。

今年もよろしくお願いします。
Posted by みい at 2008年01月05日 15:47
れいちゃん☆

こちらこそ。今年もよろしくお願いします♪
れいちゃんは、私にはない智慧がたくさんあります。
いろいろご指導ください☆
Posted by まき at 2008年01月07日 21:21
みいさん☆

みいさんは、三輪山よく行かれていたのですものね☆
いつかご一緒したいです!
今年は、広島の山で登ってみたい山があるのだけど
行けるかなぁ。
中国の古代思想を知れば知るほど、古代日本人の霊性
の高さに気が付きます。失くした古代人の智慧を
伝えていきたいと思っています。
Posted by まき at 2008年01月07日 21:28
まきさんが山登り・・・。ううっ・・・イメージが。
うちの旦那は、高校時代(広島)ワンゲルに入っていて
インターハイ!にも出場したそうです。
私は「おいしいカレーを作れるか競うの?」って、
おちょくります。
砂袋を入れたザックを担いで、基町高層アパートの非常階段
を往復したり、宮島、庄原の山を登ってたそうです。
校庭で飯ごうすいさんをしてお茶漬けを食べたりしていた
ので、お気楽な部活だと思われていたって。

結婚後、兵庫県西宮市に住んでいたときは、近くの六甲山や
宝塚、芦屋へ登ったものでした。お水とお湯を沸かす道具を
持っていって、あつあつのカップ麺を食べたり、チリビーンズ
を作ったり。夜行バスで長野県へ行ったときは、立山縦走を
して、山の尾根の美しさに感激しました。初山小屋泊まりも
体験。下山してからの温泉は格別でした。
広島へ来てからは、さっぱりですが。ザックも靴も寝袋も
眠ったままです。
Posted by みい at 2008年01月08日 13:41
みいさん☆

私、山登るイメージないかな(笑)
広島には、霊的にも結構謂れのある山があって
面白いよ。みいさんの旦那様はご存知かも☆

コメント読んでいたら何だか山登りって楽しそう!!
と思いました。私なんてまだ、何の準備もしていません。
靴すらない… 山に登るときは、みいさんに一報します☆
色々教えてくださいね♪
Posted by まき at 2008年01月12日 00:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。