2008年03月23日

くもり

先日は、満月でした。
陰陽のバランスがととのう、春分の日直後の満月。

3月の満月.jpg

雲ひとつない、澄んだ夜空の満月はとても美しいものでした。
場所は変わっても、月や太陽は平等に私たちを照らし
愛と恵みを与えてくれます。
くもりなき、澄んだ空だからこそ月の美しさや愛を感じる
ことができる。
それは、人の心と似ているな…と思いました。


愛されているのに、心がくもっているから気がつかない。
信じられない。



くもりとは、迷いや不安・執着・猜疑心 というような感情。


天孫降臨の時に、天照大神から授けられたという三種の神器の
中の剣は、天叢雲剣(あまのむらくものつるぎ)と呼ばれています。
それは、スサノオが、出雲国で倒した八岐大蛇の尾から出てきた太刀。
天叢雲という名前は、ヤマタノオロチの頭上に常に叢雲が掛かって
いたためなのだとか…。
日本神話からも、曇り(くもり)は邪念であることがわかります。


前に進もうとすると、覆いかぶさる雲が現れる…。
その雲で、気が晴れません。



密教では指で刀にみたてた印を結び、邪を斬ります。
三種の神器の剣は男性(陽)、鏡は女性(陰)の象徴。
鏡が私たちの心だとしたら、邪念でくもった心では
神なる愛を感じることはできません。
愛を感じれる心であるために、くもり=邪念を斬る。

神示とされるもの、神話などは人の心の状態によって
何通り・何百通りの見方ができます。
読み手が感じるものであり、何が真実かなんて
断言できるものではありませんが…。


愛を感じる事ができる、澄んだ心であるために
くもりを断ち切りたいです。



不動の剣.jpg
善光寺 不動の剣















posted by まき at 17:36| 宮城 ☁| Comment(4) | 霊・こころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
私が通っているヨガの教室では、ヨガに入る前にお話があります。
今回は、観音様の右目の涙からうまれてきた「白ターラー菩薩」のお話でした。白ターラー菩薩は、人の傍らにそっと座ってるのだそうです。

うまく言葉にできないのだけれど、私の気持ちの中にすぅ〜っと入ってきたお話でした。満月のヨガだったからかな。

太陽の意思と月の優しさを感じました。
Posted by みい at 2008年03月24日 12:29
久しぶりにPCを開き、まきちゃんの近況を知りました。まだ仙台かしら?
ありのままで愛を感じ愛を与える。
究極ですね。
でも、そういうところを求め続ける、
まきちゃんらしいと思います。
いつどこにいても、応援してるよん!

先日私の母も亡くなりました。
忙しさにまぎれて忘れてることも多いのだけど、
ふと目にするすべてに母が重なり、寂しさや荒涼感が寄せては返す波のようです。
母がそうしてきたように、私も人の評価を気にせず、私の周りの人たちに誠実に、愛を持って接していけたらと願うのです。

なかなかお話するチャンスがないけど、
また近況お知らせします。

しっかし、何が起こるかわからんもんだよねぇ!
日々を精一杯生き抜きましょう、愛のためにね☆

Posted by ななえ at 2008年03月24日 16:43
みいさん♪

「太陽の意思と月の優しさ」
ってことば、素敵です…☆

菩薩は、いつも私たちのそばにいる
近い存在なのだと知人の僧に伺いました。
いつも、そっと座り見守っていてくださる
のかもしれませんね***

すぅ〜っと入ってきたのは、みいさんの
心が澄んでいるからじゃないかな☆



Posted by まき at 2008年03月25日 01:47
ななえちゃん♪


お母様が亡くなったなんて。。。
すごく驚いたし、今のななえちゃんの
気持ちを思うと切なくもなり…。
大丈夫…?

親を亡くしてみないとわからない事って
たくさんあると思う。
私も、昨年父を亡くしたからよくわかるよ。

親が一生をかけてのこしてくれた大切な心を
私たちも子供に伝えていけたらいいよね…。

お母様のご冥福、心よりお祈り申し上げます。

愛に生きようね!!



Posted by まき at 2008年03月25日 02:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。