2007年10月17日

やさしい時間

先日は、友人とロンジー会のことで打ち合わせ。
そして、以前カフェのショップカードの画を
手がけて下さったパース・イラストレーターの
小笹和子さん
http://www.so-so.co.jp/member/kosasa/
今後も依頼したいことがあり、一緒に話をしました。
小笹さんは、メゾンドクロワッサンのショップカードの
画を描かれた方なので、皆さんも色んなところで小笹さんの
画を見られていると思います。
最近は、中国新聞一面の広告・創建ホームの画を担当され
ました。素敵な画だったのでご紹介しますぴかぴか(新しい)
画像 186.jpg


秋をテーマとした葉書。小笹さんの人柄が表れていて、とても
やさしいタッチの画。癒されます〜。
画像 174.jpg

小笹さんは今後、食育や自然をテーマに絵本も描くことも
考えていらっしゃるそうで、すでに描かれた野菜とおむすび
の本を読ませていただきました。
その絵本から伝わってくる…やさしい愛に溢れたメッセージ
に触れ、小笹さんの今後の活動がますます楽しみに。
小笹さんは、子育てを通し「食」に疑問を感じられてきたとか。
食に関してもかなり意識の高い方です。私と同じ玄米菜食者ですが
かといって優越せず固執せず、本来の食べることの意味やこころの
持ち方について、一番大切なことを忘れず感じとられている方。

自然とは…本当の平和とは何か。
お互いの世界観を確認できた貴重な時間でした。


画像 175.jpg
実は
この日のための、おぜんざいでしたハートたち(複数ハート)
お抹茶を立ててお出ししたのですが、何と表千家を20年されている
ことを知り!私の立てたものは、もはや恥ずかしくて回収(笑)
小笹さんに立てていただいた抹茶は、やさしく丸〜い味でした。
さすがです…ぴかぴか(新しい)
お互い、「和」が好き。日本の美が好きなので、今後何かご一緒
できるかもしれない楽しみが増えました。
画像 182.jpg

美味しい手作りデザートの手土産と一緒に、庭に咲いてたコスモス
を添えて持ってきてくれた小笹さん。その心づかいと感性が素敵
ですよね***


posted by まき at 17:12| 広島 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月15日

もちきびハンバーグ

画像 172.jpg

今日は久々、雑穀を使ったハンバーグをつくりました。
作り方は簡単。もちきびを炊き、炒めたたまねぎと
地粉で混ぜ、形づくり焼くだけ。

横にあるのは、あらめのサラダです。
あらめをりんごジュースで炊いたもの。
これは、本当に美味しすぎます〜ぴかぴか(新しい)五行でいうと
あらめは海草の中で「土」のエネルギーをもったもの。
土のものは、すい臓・ひ臓に効きます。
代表的な野菜は、たまねぎ・かぼちゃなどの円形野菜。
雑穀や、豆、海草も種類によってエネルギーが異なるので
五行を考えながら調理すると楽しいです。

明日は、久々おぜんざいを作りまーすハートたち(複数ハート)
posted by まき at 00:05| 広島 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月14日

般若心経

51SZ7ZP29BL._AA240_

10代のころから、般若心経にふれる機会が多かったのですが
ここ数日般若心経について、また深く感じるところがありました。
般若心経は「空」を説く教えです。
私の好きな言葉は、「色即是空 空即是色」。
意味は、一切の形あるものが、そのままでありながら
なにもない。なにもないことが、そのまま形あるものを
現している。    
t_ikiteshinu_p6.jpg t_ikiteshinu_p1.jpg

私たちの存在も、すなわち「空」。私たちの苦しみや
悩みさえも本来ないもの…。全て自分自身がつくり出して
いるものです。空を感じる境地まで、いきつきたいものですね〜ぴかぴか(新しい)

生きて死ぬ智慧」は私の好きな般若心経の本です。
色んな解説本がありますが、この方の本は、素晴らしいかわいい
題名の生きて死ぬ智慧という言葉も、空をうまく表現しているな
ぁと思っています。
サンスクリット語の般若心経にも関心があるので、今後はより深く
般若心経とお付き合いしていきたいです。



  
posted by まき at 18:42| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 霊・こころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いつかお会いしてみたい方

天台宗の僧が、6年ぶりに千日回峰行の中の荒行の中の荒行と
いわれている、9日間の「断食・断飲・不眠」の行に入りました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071013-00000030-kyt-l25

生きて堂を出れるかわからないので、生き葬式ともいわれます。
32歳なので私と同じ歳…。この僧は、戦後12人目の荒行者になる
そうです。

千日回峰行は、7年間かけて行われます。考えただけでも凡人
すぎる私は目眩が…。
千日回峰行を途中で断念する事は「死」を意味するそうです。
生死をかけて荒行に入った、同じ歳の僧が無事に堂明けする
ことを祈ります。



この荒行を何と!過去に2度も行った方がいて、いつかお会い
したいと思っている方がいます。大阿闍梨・酒井雄哉さんです。
酒井さんの「毎日が一生」という話に、とても感銘を受けた事が
ありました。酒井さんは奥様を自殺で亡くされ、その苦しみを
乗り越え僧の道に入られたそうです。
色んな苦しみを乗り越えながら…そして千日回峰行を通し、
悟られた境地が毎日を一生として生きること。
とても重みのある言葉で、忘れられません。


今、とてもお会いしたい方は、この大阿闍梨・酒井雄哉さんと
日本人でありながらミャンマーの高僧に得度したガユーナ・セアロ。
セアロの事は、友人を通してよく話しをきかせてもらえるのですが
とても素晴らしい活動をされています。
そして「慈悲」という言葉の意味を、この方の本の中からみつけ
ました。それまで慈悲とは、どんなものか理解できていなかった。


私はこれといった宗教に属していませんが、ご縁をとても大切に
していますし、その時のご縁が自分に必要な学びだと思っています。
何より、自分の直感とご縁に身を任せて生きてきました。


今あるご縁をとても大切に思っていますハートたち(複数ハート)
ご縁あった皆様、今後共よろしくお願い申し上げます。







posted by まき at 02:22| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月13日

グルパ レポート

先日は、増岡聖子さんのグルパでした。
私は、子連れで初参加かわいい
増岡さんのもっているエネルギーは、とにかく凄いぴかぴか(新しい)
そばにいるだけで、何だかそこが明るくなって楽しくなり
「元気」を与えてくれる方です。子供も、増岡さんにベッタリ。

お話も、ラジオパーソナリティーならではの聞き取りやすさと
楽しさがあり、心に響く問いかけでした。

夏場に汗や尿によって排泄していたものが、この時期は身体に
溜まりやすくなり、泌尿器(腎臓)に負担がかかるそうです。
そして処理しきれない尿酸が、なんと胃酸に変わるとか!!
どうしても胃酸過多になりやすく胃腸が弱りやすい時期なのだ
そうです。ちなみに、朝起きたとき口の中が酸っぱいような
感覚があるときは胃酸が多いとき。
私もここのところ、腎臓部が腫れているし胃腸が疲れている
気がしていたのですが…納得しましたふらふら 
これは、お手当てが必要かも。

お手当てとして、こんにゃく温シップ、びわの葉療法の話も
ありました。とても、お世話になった方が癌になり…
びわの葉療法のことを詳しく知りたかったので、とても勉強
になりました。

他、添加物の話・雑穀でつくるレシピなどなど盛りだくさんの
情報ナビでした。そしてあっという間にランチタイムにハートたち(複数ハート)
ご飯は、雑穀レシピ「ひえのそぼろ」のおむすび。
とり肉のそぼろのようでした。これは、新しい発見!!
色んな使い方ができそうです。
画像 168.jpg


画像 169.jpg  画像 171.jpg

クロワッサンの、マクロビオティックランチ・デザート付きハートたち(複数ハート)


グルパで、また色んなご縁がありとても楽しかったです。
増岡さんの魅力にも惚れ惚れ*** 
次回もまた参加したいと思っています。グルパ前に、増岡さんは
Pステーション(中国新聞のコミュニティーエフエム)の取材インタ
ビューがあったようで一部始終聴かせていただきました。
今日の取材の内容は、第3月曜・広島 Pステーション
14時から16時、天野真木子さんの番組「広島スマイルカフェ」の
中でご紹介されるそうです。


画像 170.jpg
増岡聖子さんhttp://seiko-masuoka.net/grupa.html















posted by まき at 03:58| 広島 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | イベント・活動・掲示板 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月12日

緊急告知

今月26日の満月の日満月に、ロンジーの試着会・説明会を
行うことになりました。友人が10枚のロンジーを手配してくれて、
購入可能となっています。これを機に是非、ロンジーの着心地を
試されてみてはかわいい

当日はデザート&お茶付き。白砂糖・乳製品・動物性
は使用していないものです。ご希望の方は、お抹茶もあり。
当日は、併せて玄米むすび(みろくむすび)もむすびます。
ご希望の方は、ご一報を。

会費は500円で、原材料などを覗いた収益金はドネーション(寄付)
します。ドネーションのシステム、詳しい説明についてはまた
ご案内いたします。


今日はちょうど新月新月だったので、告知しましたぴかぴか(新しい)
自然に、新月の時期は新しいことを始める動きが生まれ
満月の時期は、最も活動しているというパターンになりました。
私の月経リズムも、活動していくのに最適な月のリズムと同調
しているので怖いくらいですがく〜(落胆した顔)



ロンジー会には、人数に限りがありますので興味のある方は
お早めにご連絡くださいませ♪
場所、時間などのご連絡は、折り返しいたします。
ご予約はこちらまで。mirokumusubi@yahoo.co.jp
posted by まき at 00:35| 広島 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | イベント・活動・掲示板 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月11日

生き抜く

5月に父を亡くしました。

20年という…本当に長かった、壮絶な闘病生活を経て
生き抜いた父を、私は誇りに思っています。
その生涯をかけて、父は私や弟たちに親として大切
なことを教えてくれました。
「病」とは何か…?
何故病になるのか…。
父の闘病生活の中で私たちが体験したこと、思い感じて
きたことをこれからの人生にいかしていけたらと思います。


西光寺の壇上和尚が、一人でも多くの自殺者を救いたいと
いう願いから新しい活動を始められます。
私も、その活動に微力ながらお手伝いをさせていただく
つもりでいます。何ができるかはわかりませんが、今
私ができることをやってみたい。
一人ひとりの持って生まれてきている、限りない可能性の
芽を伸ばすお手伝いができたら、とても幸せに思います。


子供の頃から私は父の病気を通して、躁鬱の状態の
人を間近でみてきました。
急に怒ったり、支離滅裂になって泣き叫ぶ父が嫌でいやで
半家出状態の時期もありました。
子供だったときは「何でこんな家庭に生まれたのだろう」
と父を憎み、それが最近までの劣等感となっていました。
この苦しみは、経験した人にしかわからないと思うし
本当に綺麗事では語れません。


苦しみながらも、父は最期まで生き抜きました。
父の死に直面して「よく頑張ったね。やっと楽になれたんだね」
と悲しさより安堵感の方が先にたちました。
家族全員が、共に父の病気と闘い続けてきたので…
苦しみからやっと解放された日でもありました。
父を亡くして悲しいはずなのに、変な達成感があり清々しくも
感じ。。。

この感覚を味わえたのは、父が最期まで生き抜いてくれた
からです。あまりにも苦しくて、きっと父は何回も死にたいと
思っていたことでしょう。。。
もし、父が自ら命を絶っていたら…
私たち家族は、一生苦しみを抱えることになったと思います。
そうして死んだ父の苦しみも、消えることなく残るのだと思う。


生と死を通して、学び得ることは本当に大きいものです。
人間は弱い生き物かもしれませんが、真の強さや心の豊かさ
生きる喜びは自分でつくり上げていくもの。
今、苦しくても終わりのない苦しみなんてない。
人間は誰もが幸せになるように決まって生まれてくるの
だから、その人の心次第なのだと思います。


どんなに辛いことがあっても、自分の可能性を否定せず
信じて欲しい。
自ら命を絶つなんて…悲しすぎることはやめてもらいたい
と心から願っています。








posted by まき at 06:12| 広島 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 霊・こころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月10日

かんじること

先日、書画展に行ってきました。
絵画や、書画をみるのが昔から好きです。
書いた人のエネルギーを感じ、その人の
世界観を味わう。

画像 163.jpg  画像 162.jpg


残念だったのは、書がほとんど額縁に入り墨の気を
感じとれなかったこと。
数ある中でも、この書だけだった気が…。
山頭火の歌の書です。しばらく見入っていました。
風のごとく…の部分は風を意識して軽やかに表現
したのでしょうね***
画像 165.jpg


私の知人の墨絵画家は、波動をかんじて欲しいという
思いから、額にいれることを拒みます。
波動をよりよく感じるには、やはりガラスなどを
通さない方がずっといい。
書画展でみた、ガラスを通していない方の書はやさしく
あたたかい感じがしました。

着飾った美しさよりも、自然のままのぬくもりや、
あたたかさが好き。自然体であることが何より美しい
と思っています。







posted by まき at 03:09| 広島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月08日

ロンジー

画像 161.jpg



ミャンマーの民族衣装「ロンジー」です。
巻きスカートですがミャンマーでは男女共に、
ロンジーを着用しているそうです。

友人から、初めてのロンジーの着心地などの
感想を求められたので一日ロンジーで過ごしました。


タイ製の巻きスカートを持っているのですが、
それは大雑把なつくりで着にくい。
友人からいただいたロンジーは、着やすいように
細かいところまで考慮して作られているし、
とにかく動きやすい・着心地がいいというのが
率直な感想です。
瞑想をするとき、胡坐をかくときにも座りやすい
んだよと友人から教えてもらいましたが、足を
組んでも下着は見えないし、本当によく考えて
つくられています。
(ちなみに現地の方は下着をつけないそうですが…)
紐で幅の調節ができるので、お腹が大きくなっていく
妊婦さんにもいいなと思いました。


主人からいつも注意されるのですが…私は下着を
つけるのがとても嫌いで、出来れば四六時中下着
はつけたくない。締め付けられる感じが嫌いなんです。
このロンジーだったら、絶対見えない(笑)ので
胸を張ってノーパン生活ができるかもかわいい


女性は、大地の氣を特に強くうけるといわれている
ので、スカートの方がその氣を取り入れやすいし
下着をつけていない方がもっといい。
昔の人が着物で、下着をつけていなかったというのは
なんとなく納得です。

ロンジー最高!!ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)

友人のブログでロンジーを紹介しています。
http://greenbellcode.blog102.fc2.com/





posted by まき at 12:01| 広島 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月06日

おうちランチ

画像 160.jpg

今日は、大阪に住んでいる友人が遊びに来てくれました。
彼女も大阪でマクロビオティックを学んでいるので、
話題は食の話から自然の話まで、6時間ほど話しましたいい気分(温泉)
まさふく農園の人参を食べて「この人参…すごいね!!」と
わかった友人は凄い。本当に味が違うんです。

朝・昼とご飯を一緒に食べましたが、最近作らせてもらえる
こと、食べていただく事がとても幸せで楽しいハートたち(複数ハート)
そろそろ家族以外の人様にも、お出しできるのではないかと
自宅でのカフェも考えています。



画像 159.jpg

表千家流のお免除を持っている友人に、簡単な作法を教えて
もらいました。お茶の世界の自然美・四季折々の楽しみ方を
知り、こころが豊かになれた時間でした。
作法やお手前はとても難しく感じていましたが、色んな楽しみ
方があるんですねぴかぴか(新しい)

超初心者ですが、お抹茶を楽しむのは自由なので今後も遊び
に来てくれた友人と一緒に楽しみたいです。


posted by まき at 22:48| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。