2007年10月05日

友人の勇気

いつも、私の転換期に力を貸してくれる大切な友人がいて
イベントや、カフェを共にしてきました。
友人は今妊娠していて、来月に出産を控えています。

私は、その友人からとても大切な事を学んできました。
自分がまだ幼すぎて、友人に辛いことも言った時があり
ましたが…今は友人の気持ちや、思いが痛いほどわかり
ます。

友人は自宅出産を希望し、助産師さんを頼んでいたの
ですが妊娠初期に子宮にポリープがあるのがわかってから
まわりの環境が変わってきました。

ポリープがあり出産時の出血の心配があるということで、
助産師の勧めで医師の診断を受けたそうですが、
無難に切ることを勧められたそうです。

現代医学(西洋医学)では、おもてに表れたものをすぐ
排除したり押さえつける傾向がありその原因を深く教えません。
元から直そうとする力や可能性を潰してしまう恐れもあります…。

薬を飲んだり、除去することは本来とても不自然なことで
本当の意味では何の解決にもならない。
それは、私自身の病気を通して、20年間大病で苦しみながら
死んでいった父の姿を通し感じてきたもので、現代医学に
ついては思うところが多々あり…。
何より、他人に自分の命をゆだねない事が大切なのだと
実感しています。


最近になって、友人からお願いしていた助産師さんに
出産の手伝いを断られたと聞きました。
ポリープを切らないのであれば、出産のお手伝いをする
ことは難しい…と。
責任問題も絡んでくるのでしょうね。
友人は、ただ自分を信じて自然に子供を生みたいだけなのに
ポリープがあるだけで、こんなにも対応が変わってくるのか
と正直驚きました。ショックでした。


ポリープは、そんなに危険なのか…。何か意味があるから
出来たのであって、命に別状がないのであればそのポリープ
を持ちながらも出産は可能なんじゃないか。
何にでも言えることですが、悪いものをすぐ除去するのでは
なく、それを抱きながら解決していく道の方が私は自然でいて
智慧を学ぶ大切な道のりだと思います。


何でもすぐ人にゆだね、除去するから智慧も養えない。
社会的には常識人といわれる、社会的概念にそった今の日本人
の感覚の方が私はよっぽど危険だと思う。自然のエネルギーに
反した超不自然な「型」ですよね。


友人は、自分の直感と自然の力に身をゆだね、自宅で一人で
出産することを選びました。
自分の直感が一番あたることは、私も色々な経験をしてきて
わかっています。友人は、直感力に優れた人なのでポリープ
をとらなくても大丈夫だとわかっているからとらないのだと
納得しました。もし、危険なら自身でわかるはずです。


私は、自分を信じてどんな困難も乗り越えていく友人の
強さに触れ、たくさんの勇気をもらいました。
まわりの人は、心配をあおるのではなく彼女を信じて
尊重する優しさをもって欲しい…。
本当の優しさは、言葉では表現できません。見守る優しさ
も大切ですよね。


今の社会的な流れや常識に、改めて反発感を覚えました。
彼女には本当に今まで助けてもらっているし、応援したい。
私にできることは何でもしてあげたいんです。
必要であれば、出産の補助・お手当てが必要であればその為に
勉強したいとも思います。


友人の思いは間違ってないと思うし、他人がそれに対して
あぁだこうだいうのは、ちょっと違うと思う。
その人の概念や世界観の押し付けですよね。心配なのは
わかるけど…。でも、友人を信じてあげたい。


友人の強さを尊敬し、きっと彼女の選択はこれからの現実
を動かしていく力になると信じています。

無事出産することを心から願い、祈っています。





posted by まき at 04:03| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 霊・こころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月04日

お弁当箱

画像 157.jpg


左は、ヒノキの曲げわっぱ・右は竹で編んだお弁当箱です。
これは購入後7年経っているので、色もいい感じになって
きました。蒸れにくく抗菌効果もあり、特におむすびを
入れたときの持ちのよさには驚きます。
プラスチックの容器に入れた場合は、水分蒸発が上手く
できないのですぐダメになります。
曲げわっぱは、友人からおススメのサイトを教えてもらい
昨年購入しました。お弁当箱にはもちろん、おひつの代わり
としても使用しています。

曲げわっぱ「季の屋」
http://www.kinoya.com/Shouhin/Sosogikoudou/index.htm


posted by まき at 13:38| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

木のおもちゃ

画像 155.jpg 画像 156.jpg



プラスチックのおもちゃや人形、不自然な、どぎつい原色の色を
見ていると五感をいじめている気がするし、触ったぬくもりも
全然違いますよね。今ある子供のおもちゃは、木製のもの・
色づかいが優しいものと決めて置いています。
木馬など大きいものは、誕生日のプレゼントでいただいたもの
ですが、私はおもちゃを滅多に買いません。
子供を見ていると、遊ぶものは何でも自分で作り出すし
その想像力は、子供ならでは。伸ばしてあげたい感性です。

どんぐりも取れる季節になってきたところだし、何か自然の
もので作れないかなぁ…と思っています。
シュタイナー教育にも関心がありましたが、ここのところ特に
日本の文化や伝承を意識しているのもあり、昔ながらの手あそび
に着目していています。
遊びひとつでも、日本らしい思想や自然感があるはず…。
友人と、誰か教えてくれるお年寄りがいないか探しています。
ご存知の方は、是非ご紹介くださいねハートたち(複数ハート)
四季折々の自然に触れながら、育児ができたら最高です。

この木のおもちゃ…、孫の代までもつのではないかと思います。
デザイン性も高く、素材に優れているといわれているドイツ製
のおもちゃ・子供の家具は、何代にも渡り大切に使われるという
話を聞いたことがあります。物を大切にするこころ、そのあたた
かさを伝えられたら素敵ですね。




posted by まき at 03:03| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まさふく農園

画像 146.jpg  画像 147.jpg

先日は、自然農法でがんばっている「まさふく農園」に行って
きました。26歳の若さで、この農園を5年間続けられています。
「有機農法」と「自然農法」は、堆肥も作り方も異なります。
「土」の質によって、育つ野菜が変わってくるそうです。
まさふく農園の土づくりは、5年目ですが野菜を食べてみたら
明らかに有機のものとの違いがわかりました。その農園の土に
よって味もエネルギーも変わるものですね。
有機野菜は腐り、自然農法の野菜は枯れるのだとよく耳にします。

作り手の福馬さんは、お母さまの食養で15年前から玄米と野菜
中心の食事をされているそうです。
子供の頃は「何で家には、肉がないんだ!肉を食わせろ〜〜」
とかなりの喧嘩をしてきたそうですが(笑)
今は、「母に感謝している」と笑顔でおっしゃっていたのが
印象的でした。
色々なお話を伺ううちに彼の思いや信念が伝わってきて、福馬
さんの人となりがわかり愛溢れる方で信頼できる方だと感じ
ました。純粋に、いいものを作りたい。色々な野菜たちを、
わが子のように紹介してくれる姿を微笑ましくも思いました。

種も、野菜から採取しているそうです。
土についても土地によって性質が違うようですが、土と対話しな
がら智慧と直感を働かせているのがわかりました。
その農園も野菜も何かいい氣を発しているんですよね。ほんと。
福馬さんがいかに、愛情をそそいでいるか…。

画像 142.jpg   画像 143.jpg  画像 144.jpg
おくらと、ナスです。それと、冬瓜。秋らしくなって
きたとはいえ、まだ暑いので夏野菜がたくさん出来ていました。


画像 145.jpg  画像 154.jpg

左はたまねぎの苗です。
可愛いくて、思わず写真をとりましたハートたち(複数ハート)
そして、まさふく農園で購入した野菜の一部ですぴかぴか(新しい)
夏野菜は、今からの時期からだを冷やすので味噌を加えて
調理時間を長くするなど、身体のバランスを考えた食べ方を
おススメします。
私は、今後オーガニックだからといって海外のものを買うの
ではなく(フードマイレージも考慮)国産のもの、地産地消
近隣の頑張っている農家を応援していきたいと思っています。


福馬さんの作った野菜…本当に美味しかったです。
彼の今後も楽しみですし、農法について、土について私も
もっと勉強したいのでちょくちょくレポートしようと
思っています。こんな若者がいたなんて!!本当に心強いです。
いち消費者として、このような農園があることを嬉しく思います。




    まさふく農園
   広島市佐伯区五日市町石内神原2199-1
    TEL:080-1927-9144
  MAIL:farm-masafuku@docomo.ne.jp
URL:http://www1.megaegg.ne.jp/~masafuku/










posted by まき at 01:46| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月03日

やさしくなりたい

先月知人の勉強会で、大石順教という尼さんの話を聴きました。
16歳のときに、狂った義父が同じ屋根に住む人々を次々と殺し
順教は生き延びたものの、両腕を切り落とされた…という話から
はじまり、その後の人生模様は本当に壮絶で「こんな人生がある
ものか…」と本当にショックを受けました。
そして、順教のその壮絶な生き方から特別な勇気をもらい、
私の抱えている悩みなんてちっぽけすぎて情けなくもなりました。

私の課題は、無償の愛を学ぶことです。私だけでなく、人は誰
もがこの愛を学ぶために生まれてきているのだと思います。
私は、身近な家族との関係にかなり前から悩んでいて感情を
思いっきりぶつけられたり、怒りの捌け口になるのが本当に
嫌で辛いと感じてきました。その怒りのエネルギーで受ける氣の
ダメージは大きくて、それが溜まって私も爆発してしまう。
その悪循環がとても嫌でした。

ご縁ある方に、それは自身を強くする修練だと言われ、これから
の私には必要な学びなのだと教わりました。
「許すこと」「それを包み込む優しさをもつこと」
怒りを怒りで返し、それを排除するのではなくそのエネルギーを
別のエネルギーに変える事が大切なのだと。
合気道をされている方には、構えて戦うのではなく笑顔で受け止
めた時の力の方が強いこと、禅寺の和尚からも同じように怒りさえ
も抱き込む寛容なこころが大切なのだと教わりました。

強くなろう!!と決心はしても、理不尽な怒りを受けた場合は
自分の感情もかなり乱れますし、本当の優しさとはどのような
ものなのかもまだ理解できていません。
尊敬する方から、思いやりとは「重い槍」なのだと教えていただき
本当にその人のことを思いやった態度で、やさしさを表現できたら
と感じています。今までは、ただ自分が我慢すればいいと思って
きたのですがそれは本当の優しさではない。自分も傷ついて、
相手も成長できずにいるのだと気付きました。

本当の優しさや、無償の愛は言葉で言うのは簡単ですが本当に
難しい。一生かかって学び、死んでからもまた学び繰り返すの
だと思います。


大石順教のことば「怒りは無知で、泣くは修行、笑うは悟り」
この言葉にいつも助けられています。
自分の怒りが爆発しそうになったときに「怒りは無知…」という
言葉が頭をよぎるようになりました。以前は、怒りの感情が強く
出ていましたが今はただ悲しくなり泣くことが多いです(笑)
これを越えたら、笑いという悟りが待っているのでしょうか。

本当のやさしさとは…本当の平和とは何か…
長い間、病と闘い苦しみながら死んでいった父や、それを支えた
母や家族を通し色々な体験をしてきました。一時は、自分の環境
が嫌で嫌で仕方なくて、それが劣等感となり自分自身さえも好き
になれずにいました。
でも、「愛」について考えさせられる場や学びの場を、小さい
ころから与えられていた気がするので愛を学んでいく成長過程に
おいては、私はある意味幸せな人なのかもしれません。
無償の愛の学びの場を、いつでも身近な人に与えてもらえている
のですから…。逃げたり、その環境を壊す行為は簡単です。
ただそれでは成長はできません。

困難なく波もなく、温室のような中で育った環境では見えない
世界がたくさんあるかもしれません。愛に溢れた人間は、
たくさんの痛みを経験していると思いますし、だからこそ本当に
やさしくなれるのだと思います。

全てを包み込む優しさと強さをもった、人間になることが
私の夢です。死ぬまでどの位成長できるか…、愛の学びには
終わりはないですね***







posted by まき at 01:11| 広島 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 霊・こころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月01日

音霊

? 141.jpg


音にも霊が宿っている。
昔の人々は、全てのものに霊力があることを
知っていました。

今年の夏は、風鈴の音にたくさん癒されました。
吹く風によって、かなり音色が変わりますし
音域の違う風鈴が2つあるので、その時々の音を
楽しめます。広島市内在住ですが、近くに竹林と
水路があるので春はウグイス・夏は蝉や蛙・
秋は鈴虫などの鳥や虫たちの鳴き声にも癒されて
います。
自然の音って、本当に素晴らしいと思います。
川のせせらぎや、風に揺れる木々のささやきなど
本当に癒されますよね***

このブログを作成している途中に、友人からTELがあり
「風自然」という言葉をいただきました。
私が、風のことを書いていたところだったので何か
共鳴したんでしょうね。「風のように動いてね」
というアドバイスでした。直感で激しく動くタイプなの
で、友人なりに私のことを気遣ってくれた優しい言葉でした。
本当にありがとう。

風のように優しく、時に嵐のように激しく(笑)自分の
心のままに私の風を感じて生きていけたらと思います。
そして、その時奏でる音色を楽しみたいです。



posted by まき at 17:52| 広島 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 霊・こころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月30日

自然を慈しむ心

? 140.jpg

広島県、廿日市にある妹背の滝です霧
昨年、友人に滝場を教えてもらい今年は家族で数回
涼みに行ってきました。子供には、作られた施設
の中の、塩素まみれのプールで泳がせるより自然の
中で思いっきり遊んでもらいたいという思いが強くあります。

この日は、家族連れが多くて圧倒しました。
目に余ったのは、タバコを平気でポイ捨てする親…ふらふら
昨年も同じ光景を見て、情けなく思いました。
そして母親連中があぐらをかき、昼間からビール片手に
タバコを吸っている姿を見て、またまたショック!!がく〜(落胆した顔)
私も、一人の母親なのですがあのような姿は絶対子供には
見せたくないと思いました。。。母としても、女性らしく
ありたいと願っていますし、滝場でわざわざ酒盛りしなく
ても…と思ってしまう。



自然の中で遊ぶだけ遊んで、感謝はおろか汚して帰る
親たちの態度には本当に悲しくなりました。
そんな親の行動を子供は見て、それがあたり前と思って
しまうことが怖い(反面教師になればいいのですが…)
自然に感謝する気持ちがあれば、また行動は変わって
くるのではないでしょうか。。。

私は、子供に自然の恩恵を肌で感じて欲しいし自然は優しくも
怖くもあるという事を体験させて、そこから生まれる智慧を
大切にしてあげたい。感性を養う勉強の場は、自然が与えて
くれるのだと思います。


前に川に行った時にめだかが泳いでるのを見て、子供が
「美味しそうね」と私に言ってきました。
「楽しそうに仲良く泳いでるね」というような言葉を
聞きたかったのですが…(涙)

親として、母親として子供の感性や情緒を伸ばしてあげたい
と思います。そして、ひとりの人間として自然を慈しむ心を
大切にしていきたいものです。






posted by まき at 19:14| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 住・環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

西光寺ライブ

私の友人が主催する、ライブイベントです。
西光寺の自然・精霊と共に歌を楽しみませんか***
当日は、私のむすんだ「みろくむすび」を皆様に
食べていただこうと思っております。
西光寺の霊水で炊いた、玄米むすびです。
心を込めて、むすばさせていただきます。

西光寺五心文化祭スペシャルライブ
ぴかぴか(新しい)■「めぐり愛」吉本有里ライブ■ぴかぴか(新しい)
  〜天と地をつなぐ愛の架け橋〜  
 


2ndCDimage1.jpg


歌・バイオリン・ギター・お話歌を通して、いのちへの思いを、
ともに分かち合いませんか?
自分の心と体、そして地球を、身近に感じられるような、
コンサートにしたいと思います。

西光寺では、樹齢約350年の大もみじが紅葉する頃です。
この機会に、ぜひ足をお運び下さい!

日 時: 11月23日(金・祝) 開場 13:30 開演 14:00
      *終了後、交流会を予定しています。
      (参加費500円、お茶・お菓子付)

会 場: 西光寺 三次市吉舎町敷地610 TEL 0824-43-3029
      *駐車場に限りがありますので、
       なるべく乗り合わせてご来場ください。

入場料: 大人 1500円、中高生 500円、小学生以下無料

お問い合わせ・予約:reichan@mx71.tiki.ne.jp(高藤)



♪未来のわたしと共に生きる 
 過去のわたしと共に生きる

 それが愛の始まり それが祈りの始まり

 いつか まぶしい草原で 深く出会ってゆく
 わたしとあなたの 清らかな心

【吉本有里プロフィール】
長野在住
2児の母・シンガーソングライター・バイオリン奏者・
魂の目覚めリトリートオーガナイザー・ヘンプクラフト作家
ホームページ http://amanakuni.net/yuri


大学在学中より、歌い手として東京で活躍。
92年、東京で最初の子を身ごもり、妊娠8ヶ月で、
北カリフォルニアの大自然に囲まれたエルクバレーに移住。
泉の水でシンプルライフ。
二児を自然出産。二人目は、満月の下での水中出産。
2003年帰国。最初のパートナーとの別れ。
長野に古民家を借り、畑、子育てをしながら国内外問わず
ライブ活動。
2005年から、自然に囲まれた自宅にて、
心と暮らし、音楽を分かち合う
「魂の目覚めのための3泊4日のリトリート」を主催。
参加者、スタッフそれぞれが
ほんとうの自分の声を聞けるスペースを運営し、ネットワーク
を育てています。多様な人生体験に基づいた語り、透明な歌声
はゆりかごのよう。
心を揺さぶり、それぞれの人生に光をもたらします。

2006年12月、火事により自宅が全焼。
共に音楽活動していたパートナーが光の世界に旅立つ。
2007年春、すべてを良しと受け入れ、愛あふれる再スタート。
夏、東伊那に循環型暮らしのコミュニティー作りを目指して
古民家「観音道場 遊里庵」を再建中。


当日は、有里のオリジナルCD、ヘンプ&ビーズアクセサリーの他、
タイの「夢をおる家」(孤児たちが健やかに育っています)の
草木染衣類の展示販売もあります。
お楽しみに。
posted by まき at 00:28| 広島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・活動・掲示板 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月29日

体にやさしいデサート

? 137.jpg


朝晩涼しくなって、秋らしくなってきましたね。
今年は、35度を越える日が何日続いたことか…。
玄米菜食にしてからは、夏の暑さには強くなったような
気がします。

夏の暑い時期でも、私は冷たい飲み物が苦手なので
温かいものを飲んでいます。冷たいものは内臓を冷やし
脂肪を固めるそうです。

真夏に娘が、アイスクリームを食べたがったので
今年は自宅で手作りアイスをつくりました。
材料は、かぼちゃ・玄米クリーム・てんさい糖のみ。
凍らせただけです。かぼちゃの皮も凍らせてみたら
食感はチョコレートのようでしたかわいい
アイスクリームも色々な作り方があるようですが
あまり脂肪分を入れたくなかったので、上記の材料に。

来年の夏も、また作ってみようと思います。
ただ今、デジカメ修理中。
色々ご紹介していきたいのですが…
今回は、残っていた画像をアップハートたち(複数ハート)
posted by まき at 14:47| 広島 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月28日

京都だより

先月の満月の皆既月食から、今日の満月まではとても
すごいエネルギーでしたね満月普段、やたら滅多に
動かない私ですが…今月はかなり動いた月でした。 

以前のブログでも、月のリズムや旧暦のことをお話して
きましたが こんな話をしていると
「今日の満月は綺麗でしたね***」なんて素敵なメッセージ
が大学生の女の子から届いたりしてハートたち(複数ハート)嬉しくなります。
「月が綺麗」だと感じるこころや、どう感じたか言葉に
する感性は素晴らしいですね。

京都には、大和言葉を学びにいってきました。
文明論・大和言葉・中国思想・経営論と幅広い分野の知識
と智慧をお持ちで人間的にも素晴らしい…心から尊敬して
いる先生の講義です。先生の講義を受けに、毎回香港
から来られる方もいらっしゃいますぴかぴか(新しい)
広島から参加した私なんて、まだまだ近い。
そのくらい魅力ある先生なのだと思います。

参加者の方の持っている波動がとても高くて、本当に心地よい
空気でした。京都では、学ぶことが多々ありそうなので次回の
京都が楽しみです♪ 京都の講義のお世話人の方や、香港から
来られた方の着物姿、かなり粋でした。着物を着こなす人って
素敵ですよね。


ご縁あるところには、玄米むすびをもっていくのが日常になり
京都にも、調理器具を持ちこみ玄米を炊いてきました(笑)
先生が断食明けだったので、副食を作らせていただきました。
参加者の皆さんには、玄米むすびを。
作らせていただける事が、何だかとても幸せで充実した2日間
でした。


地元の東北でも、帰省した際は玄米をむすんでいます。
よく病気の方と出会うので、むすびを食べていただいてますが
今後はもっと勉強して、病別に食をアドバイスできるまで成長
したいと思っています。
posted by まき at 01:58| 広島 ☁| Comment(4) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。